新着情報

裏側の装置(舌側矯正)とインビザライン

2013-08-01

薬院駅から徒歩10分 渡辺通り駅から徒歩5分 渡辺通りのバス停から 徒歩3分 福岡市中央区高砂の「やまもと歯科」

こんにちは、福岡市中央区、福岡マウスピース矯正センター・院長の山本です。

今日は、裏側矯正(舌側矯正)について僕なりの考えを書いていきたいと思います。

通常の矯正の場合、表からみえる(笑った時)というのが、1つの欠点であると思われています。理由として、人にみられて恥ずかしいというのが、大多数だとおもいます。また、国際色が強い職業であったり、キャビンアテンダントの方の場合も表から装置を貼るのを会社が禁止しているところもあります。理由はわからなのですが、人に不快な気持ちをあたえるから??・・・非常に理解に苦しみます。僕的には矯正装置をつけていれば、この人は歯に関心がある人だと思うのですが・・また、人と話す時、歯科医療に携わっていない一般の方は、直接、歯を見るでしょうか?一般的には目をみて話すのではないでしょか?

でも、一般的に恥ずかしいとかカッコ悪いという気持ちが働くのでしょう。

その欠点を解消するために、生まれたのが裏側矯正(舌側矯正)矯正です。

お盆休みについて

2013-07-31

薬院駅から徒歩10分 渡辺通り駅から徒歩5分 渡辺通りのバス停から 徒歩3分 福岡市中央区高砂の「やまもと歯科」

こんにちは、福岡市中央区、やまもと歯科・院長の山本です。

毎日あついですね。
お体崩されておりませんか?

8月は12、13、14、15日の4日間お休みを頂きます。日祝日も休みとなっておりますので、ご了承ください。

お盆中に何かありましたら、留守番電話または、無料相談のフォームの方にお願いします。

やまもと歯科 山本忠昭

歯並びがいいと笑顔に自信

2013-07-30

「歯並びがよいと自信にもつながってくると感じる」が約9割

薬院駅から徒歩10分 渡辺通り駅から徒歩5分 渡辺通りのバス停から 徒歩3分 福岡市中央区高砂の「やまもと歯科」

こんにちは、福岡市中央区、やまもと歯科・院長の山本です。

インビザライン(見えない矯正)のアライン・テクノロジー・ジャパン社が、日本全国の20代から40代の男女300人を対象にして、3月に実施したアンケート調査によると、

「歯並びによって笑顔の印象が左右されると思う」と回答した男女が全体の89.3%に上ったそうです。

他にも「歯並びがよいと自信にもつながってくると感じる」との回答者は65.0%、「歯並びがよいかどうかは身体全体の健康にも影響を及ぼしてくると思う」との回答者は69.7%とのこと。

生活において心理面・健康面ともに歯並びの重要性が認識されていることが伺えますが、それでも矯正歯科において、日本は先進国のなかで最も歯並びへの意識が低いと言われています。

海外留学経験者100名に対して日本と海外の歯並びへの意識の差についてアンケートをとった結果、「海外では日本よりも歯並びに対する意識が高いと思う」71.0%、「日本人はもっと歯並びに関心を持つべきだと思う」66.0%となったそうです。

グローバルで活躍される人が増えている時代ですから、歯並びの重要性は言わずもがな。矯正歯科医としてベストの治療を提供することで、少しでも日本の力になれればと思います。

②矯正治療の種類 (固定式表側)

2012-10-25

一般に矯正装置と言ったら、歯の表面につける装置(ブラケット)とその装置を動かすワイヤーをいいます。昔は、今より接着剤が発達していなかったので、金属で出来たバンドという歯の指輪みたいなものを、歯全体につけてそれにブラケットを、ろう着するという方法をとっていました。そのバンドは前歯にもしていたので、術者側からしてもそれぞれの歯にあわせてバントを作らないといけなかったので、今以上に職人のような度合が強かったようで、時間もかかるし、見た目も悪いし、患者さんも大変だったと思います。

そうこうしているうちに、直接、歯の表面に装置をつけるための強力な接着剤が開発され、そのおかげで矯正の術式が劇的に進化しました。術者側の煩わしさが、なくなり、また、患者さんの見た目やお口の中の状態がかなり改善されました。

歯の表面につける装置(ブラケット)もどんどん進化していきました。

進化の過程は次に・・

 

ブログはじめました

2012-10-16

10月から本格的にブログをはじめます。
皆様にインビザラインのよさを広げて行きたいと思っています。

Copyright© 2010 - 2018 福岡マウスピース矯正センター All Rights Reserved.