H25.11.4(月)インビザライン臨床セミナー(東京)

2013-11-06

薬院駅から徒歩10分 渡辺通り駅から徒歩5分 渡辺通りのバス停から 徒歩3分 福岡市中央区高砂の「やまもと歯科」

 こんにちは、福岡市中央区、福岡マウスピース矯正センター(インビザライン)・院長の山本です。

  4日(月曜日)は、東京駅そばのJPタワーホール&カンファレンス4Fホールで、インビザライン臨床セミナー~症例から考察するインビザライン・システムの可能性~に参加してきました。

プログラムは

1.米国アライン・テクノロジー本社研究開発ディレクター John Morton

2.Dr. Vicki Vlaskalic

3.インビザライン導入8年の検証  Dr.土岐

4.インビザライン治療の適応症例について Dr.佐本

5.インビザラインのより確実な臨床応用のために必要条件の再考 Dr.槇  昭和大学

インビザラインの進化とその応用は凄いの一言です。

インビザラインの会社が開発費に多額の予算を投入し、ワイヤー矯正のよさを、どんどんインビザラインに取り込み、素材などのシステムが日々進化をしていることがわかりました。

臨床編では、患者さんに対してどう快適に使って頂けるかそれぞれの先生のアイディアや工夫を学ぶことができて、有益でした。

昭和大学では外科症例でもインビザラインと併用して治療しているのは、驚きました。将来的には、インビザラインが保険に導入されるこもあるのではないかと思いました。理由は、咬合平面の再構成が非常にメカニカルにできるからです。

 

当医院ではインビザライン(マウスピース矯正)の無料相談をしています。

インビザライン(マウスピース矯正)の効果、費用、仮の体験、治療期間など、歯並びの悪いことでお悩みの方、お気軽にご相談下さい

 

Copyright© 2010 - 2018 福岡マウスピース矯正センター All Rights Reserved.